恋人との別れを夕日が沈んでいく様子に重ねた、夏の終わりのナンバー。サウンドプロデュースにはBUZZER BEATSのSHIMIを迎えている。